海外の反応【あかね噺】新連載第1話感想「最近の中では一番良いスタートだと思う」

スポンサーリンク
海外の反応 あかね噺第1話感想 漫画



1:海外の反応
このエンディングはフックあるわ。これからどうなるのか気になる。


2:海外の反応
第1話としてはとても素晴らしかったし、物語の前提も気に入ってる。
今の少年漫画はだいたいアクションかトンデモ話だし、良い気分転換になる。


3:海外の反応
落語の漫画が始まると発表された時は興奮したけど、この第1話はその期待を決して裏切らないものだった。
ただ少年ジャンプでこの題材が続けられるのかはちょっと心配だな。


4:海外の反応
ヒロインが落語に挑戦するっていうのが良いね。
女性の落語家ももちろんいるんだろうけど、わたしは見た事がないから彼女のストーリーがどう展開していくのか興味あるわ。
ただ一つ心配なのは、ユニークな題材であるがゆえに読者の共感を得られるのかどうか。

5:海外の反応
>>4
このスレには日常的に落語を見てる人はいないだろうし、日本でどれくらいの人気があるのかもわからない。
ニッチな設定だからこそ興味を引くのか、ニッチすぎて誰も興味を示さないのか、前者であることを願うばかり。

6:海外の反応
>>5
そんな君には同じく落語を題材にしたアニメ/漫画「昭和元禄落語心中」をおすすめしたい。
もしこの「あかね噺」が「昭和元禄落語心中」の半分でも良さでも持ち合わせているなら、十分良い作品になるはず。


7:海外の反応
親子の関係がとても心温まるもので好き。
絵ももっと見たくなるし、噺の描き方も素晴らしいタッチだった。

自分の家族を誇れ、朱音!!

海外の反応 あかね噺第1話感想
出典:原作/末永裕樹 作画/馬上鷹将 集英社


8:海外の反応
安定した家庭生活を営んでるのを見てると新鮮な感じしない?
両親とも健在でどちらも娘を愛してるし、娘も両親を愛してる。
まぁこれからのストーリーでどんな葛藤や問題をもたらすにせよ、彼らがどのように助け合っていくのか見守りたい。

9:海外の反応
>>8
奥さんが支えてくれなかったり、出て行ってしまうんじゃないかと心配しながら読んでた。
でもこの破門という結果があの家族にどのような影響を与えたのかはまだわからない・・・。


10:海外の反応
破門になってお父さんが壊れてしまったのは目に見えてるな。
さぁこれからどう展開してくか。


11:海外の反応
少年ジャンプでこのコンセプトはなかなか大胆だな。わたしは100%応援する!


12:海外の反応
マジで良かった。
「アクタージュ act-age」と「昭和元禄落語心中」の間を埋めてくれるかもしれない。


13:海外の反応
ほとんど聞いたことのない落語というものに、興味を持たせてくれるような良い始まり方。
キャラクターが本当に光ってた。


14:海外の反応
この漫画はお父さんが娘に自分を証明するため、自分の技術を追求し、いずれ娘の理想通りのかっこいいお父さんになる話だと思ってた。
だから最後の展開には驚いたわ、気になる終わり方。
ユニークなコンセプトと絵も上手いし来週も読むわ。

15:海外の反応
>>14
わたしもせめてもう少しだけでいいから見せてくれと思ってた。
たとえ1話だけでもティーンエイジャー以外が主人公になってるのは新鮮だ。まぁタイトルが「あかね噺」だしこうなることはわかってたんだけどね。


16:海外の反応
Ohh これはわたしも読むぞ。
strong startだった。落語をどう扱うのか心配だったが、いやーこれはなかなか。


17:海外の反応
良い1話だなー、でもお父さんが心配だ・・・十三年かけてあんな風に切り捨てられるなんて最悪だよ。

18:海外の反応
>>17
文字通りの”死”ではなく落語家としてのキャリアが”死んだ”であることを祈る。


19:海外の反応
全員破門なんて・・・あのおじさんやりすぎだろ。
でもあのおじさんの登場シーンはカッコ良かったわ、嫌な奴だけど実力は確かなんだろうってことが見てわかる。

新連載あかね噺感想
出典:原作/末永裕樹 作画/馬上鷹将 集英社


20:海外の反応
落語の話を少年ジャンプで読めるなんて嬉しいなぁ。
ストーリーも良さそうだし、期待に応えてくれることを祈ってます。


21:海外の反応
ここ最近の中では一番良いスタートだと思う。
落語ってのも魅力的だし、このシリーズが上手くいって人気を得られることを期待します。
わたしは「昭和元禄落語心中」の大ファンなので、ジャンプで読めるのがとても嬉しい。


22:海外の反応
第1話ですでにキャラに感情移入してる。
多くの可能性を感じるけど、それと同時に多くの懸念もあると思う。
第2話からが本当の始まりだと思うし、この行方を見るのが楽しみ。


23:海外の反応
お父さんの落語は見事だったよ、なのに破門だなんて・・・マジかよ。
みんなよくあのオッサンを許容してるな、いくら実力があってもみんなに嫌な思いをさせたら何の意味もないよ。


24:海外の反応
説明されてなかったと思うけど、一応ここで重要なのは名前。
彼の苗字は桜咲で、父親が桜咲徹、母親が桜咲真幸で娘が桜咲朱音、阿良川志ん太は徹の芸名なんだ。
こういう日本の伝統芸能の多くは弟子として特定の流派に属し、その流派の名前を取り入れた新しい名前を名乗る。だから師匠の志ぐまも破門にしてきたクソ野郎も同じ阿良川という名前だった。

ナレーションが”あの日、落語家阿良川志ん太は死んだ”と言ったのは本当に死んだという意味ではない。
阿良川の流派から追放されたことで、落語を続けるにしてももう同じ名前は使うことができないんだ。
だから阿良川志ん太は二度と戻ることはないというだけで、桜咲徹が無職になったということを意味してる。

25:海外の反応
>>24
Okay!最後本当に死んでしまったのかと思った、説明してくれてありがとう。

26:海外の反応
>>24
さすがに文脈からわかる。


27:海外の反応
良かったとは思ったが、まさかここでこれほど評価が高いとは思わなかった。lol
とりあえずわたしは興味を持ったし、このまま続いてくれることを期待する。

それと朱音はお父さん分も頑張ってくれ!!

少年ジャンプ新連載あかね噺感想
出典:原作/末永裕樹 作画/馬上鷹将 集英社



MAL Poll Results

5 out of 5: Loved it!  28 52.83%
4 out of 5: Liked it 1732.08%
3 out of 5: It was OK 713.21%
2 out of 5: Disliked it 11.89%
1 out of 5: Hated it0.00%
第1話

参考 Reddit/MAL

1日1回押していただけると大変励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


漫画その他の作品
シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界のジャンプ速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました