【ルックバック】チェンソーマンの藤本タツキ先生長編読切の海外の反応「まさか泣かされるとは」

スポンサーリンク
海外の反応藤本タツキ新作読切感想まとめ 漫画


ルックバック (ジャンプコミックス) 


1:海外の反応
今までわたしが読んだ中で最高の読切。本当に素晴らしかった。


2:海外の反応
Wow・・・切ねぇ。


3:海外の反応
20代後半という若さにも関わらず、藤本タツキ先生が漫画界でどれほど注目され、実績を残してきたかを考えるとクレイジーとしか言いようがないな。

4:海外の反応
>>3
調べてみたら彼はまだ28歳か・・・あーわたしはいったい何をやってんだろ。

5:海外の反応
>>4
他者と自分を比較して悲観する必要なんてない、そんなの馬鹿げてるよ。
藤本先生は仕事柄、他者の評価が重要ではあるけどほとんどの人はそんなの気にする必要はない。だって他人に羨まれようが見下されようが自分には何の得にもならないんだから。
人からどれだけ馬鹿にされるような事をしてたとしても、自分が納得できてさえいれば何の問題もない。
藤野だってそうだったろ?友達からキモいと思われようが関係ない、そいつを喜ばせるために自分が存在してるわけじゃないんだから。

自分のために生きろ。


6:海外の反応
いやーすげぇわ。最初から最後まで半端なかった。
尋常じゃないほど感情移入しちゃった。

7:海外の反応
>>6
これが藤本先生の平常運転。


8:海外の反応
藤本先生のストーリーテリングの上手さが光る作品だった。
この読切一つで正直、彼の連載作品と同等かそれ以上の感情的なインパクトを与えられた。
しかもそれはとても自然でテンポも完璧に思えた。


9:海外の反応
この「ルックバック」というタイトルは、Oasisの「Don’t Look Back In Anger」にちなんだものだ。
1ページ目の右上と最後のページの左下を確認してくれればわかると思う。
あと京本の背中に書かれたサインも関係してるのかな。

10:海外の反応
>>9
Holy sh〇t, よく気づいたなぁ、やるね。
わたしもその曲は大好きだからそこから引用されたと思うと嬉しくなっちゃうね。この漫画にもとても合ってると思う。


11:海外の反応
この漫画が映像化して、エンディングで「Don’t Look Back In Anger」が流れたりしたら最高だろうなぁ。


12:海外の反応
「チェンソーマン 二部」は忘れよう、「シャークキック」をくれ!

13:海外の反応
>>12
じゃあわたしは1巻を6冊、2巻を3冊買うわ。

14:海外の反応
>>13
最初にそのコマ見た時は気づかなかったけど、京本は藤野と喧嘩別れしたあとも全力で彼女を応援してたんだね。
彼女の漫画を何冊も買って、アンケートも出してね。
そして若い頃の藤野と同じスタイルで描かれた4コマ漫画が、時間軸を飛び越えて藤野が京本にとって救いだったと知らせてくれる。


15:海外の反応
ちなみに108ページで京本は「チェンソーマン」のドアを描いてた。

海外の反応チェンソーマン
出典:藤本タツキ【ルックバック】集英社


16:海外の反応
とんでもなく素晴らしい読切だ。
藤野はプライドと義務感、京本は芸術への情熱という藤本先生のモチベーションを表現しているのかなというのがわたしの解釈だ。


17:海外の反応
二人とも絵が好きで描き始めたわけじゃないってのが面白い。
藤野は人に褒められたかったからで、京本は暇だったから。
でも二人とも漫画を描くことが好きになったからこそ、京本との別れ、そして死がより心に響くものになったんだと思う。


18:海外の反応
まさか泣かされるとは思わなかった。なんて素晴らしい読切だろうか。:’)


19:海外の反応
今思い出しただけでも涙が出てくる・・・京本のキャラクターが良すぎるんだわ。
藤野との出会いから最後の藤野を応援してたと思われる形跡まで、どこまでも素直なキャラクターだった。
でも最後に藤野が前を向いてくれて本当に良かったよ、それでわたしも救われた。

海外の反応藤本タツキ読切ルックバック感想まとめ
出典:藤本タツキ【ルックバック】集英社


20:海外の反応
この作品は京アニ事件をモチーフにしてるように感じた。
そして配信開始日である7月19日はちょうど事件から2年なんだよね。

21:海外の反応
>>20
わたしは三浦健太郎先生のことも思い浮かんだ。
神のごとき絵を描くアーティストという点で京本と通じるものがある。


22:海外の反応
途中まではとても楽しく読んでいられたんだけどなぁ、ふとある考えが頭をよぎってしまった。
“藤本先生はこの中の誰かを殺すつもりなんじゃないか・・・?そんな事になったら絶対泣いちゃうんだが”
そして案の定そうなってしまった・・・。

藤本タツキ読切ルックバック感想まとめ
出典:藤本タツキ【ルックバック】集英社


23:海外の反応
「Don’t Look Back In Anger」からタイトルがついてるってのがすごく嬉しい。
というのもわたしの国(イギリス)でこの曲はまさに国家のごとく愛されてるからね。好きなものと好きなものの組み合わせなんだ、そりゃ愛さずにはいられないよ。


24:海外の反応
なぜわたしはハッピーエンドの幸せな物語だと期待してしまったのか?これは藤本タツキ先生が描いてるっていうのに・・・。
とにかくこれは10/10の読切だ、絶対に読む価値がある!


25:海外の反応
Damn, 藤本先生の作家としての引き出しの多さには驚いた。
どんなジャンルのどんな漫画だって描けてしまうんだ。


26:海外の反応
これは絶対に紙媒体で発売してくれ!絶対に買うから!
これが自分の部屋に飾られてるところを想像すると最高の気分だ、きっと宝物になるぞ。


27:海外の反応
FUJIno and kyoMOTO. なるほどね・・・。


28:海外の反応
何でこんな漫画を描くんだよ・・・こんな心が砕け散ってしまいそうな話をさ・・・悲しみというのはとても強い感情なんだよ。
正直藤本先生からこんな作品が生まれるとは思ってもいなかったわ、本当に凄かった。
パンチが効いてるし、ページから直接感情が伝わってくるような生々しさがあった。


29:海外の反応
読み始めてすぐに、同じアーティストである自分にとってはトラックがぶつかってきたような衝撃だった。
そして読み終わりそれが悲劇だと知った今、トラックがバックしてきて再び轢かれた。


30:海外の反応
もう何度も読み返してるけど、京本の本棚を映し出されるシーンで毎回感情的になってしまう。
藤野の漫画の同じ巻を何冊も買って応援している・・・本当に彼女のファンだったんだなぁって。

海外の反応藤本タツキルックバック
出典:藤本タツキ【ルックバック】集英社


31:海外の反応
感情の描き方が飛びぬけて上手いと思った。セリフだけじゃなく、巧みにコマ割りを使ってキャラクターの感情を繊細に表現していた。
最後の藤野の感情の移り変わりなんて手を取るようにわかったよ。コマ割り、構図、表情どれをとっても一級品。

本当に読んでて胸が張り裂けそうな思いだったよ。美しくも悲しい物語・・・とてもコベニを描いてた人とは思えない・・・。


32:海外の反応
「ケンガンアシュラ」のだろめおん先生による2021年ハイライトのイラストにも「ルックバック」が!

海外の反応2021年ハイライトイラスト

33:海外の反応
>>32
これは美しいな、「アーケイン」がもこっそり入ってるのも嬉しい。
👌

34:海外の反応
>>32
オムニマンのミームも入ってて笑うわwww

海外の反応オムニマンミーム

35:海外の反応
>>34
「ケンガンアシュラ」のだろめおん先生は15年間アメリカに住んでたから、今でもネットで英語圏の人との交流が多いんだ。

藤本タツキ短編集 22-26 (ジャンプコミックス)


MAL Poll Results

漫画ルックバックのMALスコア
5 out of 5: Loved it!  461 81.59%
4 out of 5: Liked it 7813.81%
3 out of 5: It was OK 203.54%
2 out of 5: Disliked it 20.35%
1 out of 5: Hated it 40.71%

Reddit Rate

 Very Good  3710  70.7% 
Good 1238 23.59%
Average 231 4.4%
Bad 10 0.19%
Very Bad 58 1.1%

参考 Reddit/MAL

1日1回押していただけると大変励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


漫画その他の作品
シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加


世界のジャンプ速報

コメント

  1. この作者の漫画は全部好き。
    だけど作品の空気感はなにも真新しいものではなくて、昔から美大出身の漫画家に多く見られたものやわ。まあこの作者が美大出身かどうかは知らんけどな。

タイトルとURLをコピーしました